パティシエになるには製菓専門学校に行くのが1番の近道

コラム

プロの菓子職人であるパティシエには、見た目が美しいだけでなく、食べてもおいしいお菓子を作る繊細な技術が求められます。そのため、専門学校を卒業して就職したらゴール、というわけでなく就職してからが本当のスタートなのです。

パティシエになるために

パティシエの知識やスキルを学ぶ手段として、「専門学校を卒業する」というのがあります。現在、パティシエとして活躍している多くの方が専門学校で学んでからお店に就職して、修行や経験を積んでいます。

パティシエになるための一般的な流れは以下の通りです。

・高校卒業⇒製菓専門学校卒業⇒洋菓子店やホテル・レストランなどに就職⇒パティシエとして独立

上記の流れのほかに、海外へ修行に行く方も少なくはありません。以前は中学校や高校を卒業後、すぐに洋菓子店やケーキ屋、レストランなどに就職するというのが主流でした。しかし、現在はパティシエを目指す若者が増えているのもあり、採用する側のお店が即戦力として働けるような人材を求めるようになりました。つまりは、専門学校卒業者を積極的に採用する傾向が高くなっているということです。

ということは、現在は未経験であったり基礎知識がない場合は雇ってもらうのは非常に難しいといえます。そのため、パティシエを目指すのであれば、高校卒業後は必然的に専門学校に通う必要があるということになります。「将来はパティシエになりたい」という強い意志があるのならば、高校卒業後は製菓専門学校へ進学することをおススメします。

製菓専門学校ではどんなことを学ぶ?

製菓専門学校では大きく分けて「講義」と「実習」の2つを学びます。現在、パティシエになるための勉強ができる学校は全国に100校近くあります。その規模や学習内容というのはさまざまですが、「講義」と「実習」がメインなのはどこも同じです。

製菓専門学校の主なカリキュラムは以下の通りです。

・製菓実習
洋菓子の基礎となるフランス菓子(パティスリーやコンフィズリーなど)をはじめとする、さまざまな菓子作りの基本を学んでいきます。

・パティスリー
小麦粉を使ったクッキーやケーキ作りの実習です。クリームを絞って飾るパイピングやチョコレートを使ってメッセージや模様を書く練習などもします。

・コンフィズリー
キャンディーやキャラメル、ショコラやボンボンなどといった砂糖菓子の実習です。学校によっては、専門店並みの豊富な種類のレシピを学べるところもあります。

・製菓理論
さまざまな種類のお菓子の歴史やレシピの分析、材料や道具に関する知識と技術の裏付けとなる理論などを学んでいきます。

・栄養学
食品の中に含まれている栄養素が体の中で、どのような働きをしているのかという食品に関する科学的な知識を学びます。

・食品衛生
食中毒や傷んだ食品の見分け方から保存方法など、飲食店で働く上で必ず必要になる衛生知識について学びます。

・公衆衛生学
アレルギー表示など、食品を提供していく上で知っておかなければならない衛生知識を学びます。
・店舗経営学
お店を経営していく上で必要な知識を学びます。パティシエとして独立したい場合は、必ず学んでおくべき知識といえるでしょう。

そのほかには、活躍中の一流パティシエを招いて直接教えてもらえるような機会や学校によっては海外研修などもあったりします。

このように、現在ではパティシエになるための勉強ができる環境が整っています。知識を学べたり、スキルが身につくだけでなく、一流店のパティシエと接する機会もあるので、専門学校に入学するメリットはおおいにあるといえます。

パティシエの仕事ってどんなことをするの?

パティシエと聞くと、多くの人はケーキやクッキーなどの洋菓子を作るのが仕事だと想像する人がほとんどだと思います。実際にはその通りなのですが、もう少し具体的に見ていきましょう。

ドラマなどでみるパティシエは、常に新しく斬新なアイディアを出すのが仕事のように表現しているのが多い印象ですが、そうでもありません。確かに斬新なアイディアを出して新しいお菓子を生み出すのも仕事のうちなのですが、まず仕事の基本となるのは「同じお菓子を、同じ味で毎日つくること」です。

毎日お店に並べるお菓子ということは、同じ味、同じ形でなければなりません。昨日と今日とで味が違うことがあってはなりません。パティシエに求められている重要な技術の1つは「毎日、同じ味と形のお菓子をつくる」ということなのです。

・新しいお菓子の研究や開発
毎日同じお菓子をつくり続けることのほかに、新しいお菓子の開発も大事な仕事です。定番メニューの改良をしたり、斬新なで美味しいお菓子をつくったりします。お客さんが「このお菓子食べてみたい!」や「何度でも食べてみたい」と思われるようなお菓子つくりをするのがカギとなります。

新しいお菓子のつくったりするほかに、バースデーケーキやウェディングケーキなどのオーダーメイドのお菓子をつくる場合もあります。お客さんによっては細かく注文をされる方もいるので、その要望に応えるだけの技術が必要になります。

・店舗経営
パティシエとして独立した場合は「オ―ナーパティシエ」呼ばれ、お店の経営もしていくことになります。オーナーパティシエになると、お菓子をつくるだけでなく、経費の計算や食材の発注やマネジメント、宣伝、営業なども行わなければなりません。

お菓子をつくる技術が一流だからといって、オーナーパティシエになれるわけではありません。お店を経営するということは、そこで働く従業員の給料の支払いやメンタルケアもしなければなりませんので、このようなこともちゃんとできなければ勤まらないといっていいでしょう。

パティシエの仕事はやりがいがある?

パティシエといえば美味しくて綺麗なお菓子をつくる仕事なので、華やかなイメージがあると思います。確かに華やかである反面、一人前になるための修行は非常に厳しいですし、覚えることもたくさんあります。辛い面もたくさんありますが、その分やりがいがある仕事だといわれています。

・大好きなお菓子に囲まれて仕事ができる
パティシエになるくらいですから、お菓子が大好きな人がほとんどだと思います。そんな大好きなお菓子に囲まれて仕事ができるので、そこにやりがいや喜びを感じたりします。可愛くて綺麗なお菓子を見ているだけでも、元気になれるという方も多くいると思います。大好きなことを仕事にできるというのは、幸運なことで素晴らしいことです。

・自分が考えたお菓子が商品としてお店に並ぶ
パティシエになりたての時は難しいですが、経験を積んでいくうちに技術やセンスが磨かれて新しいお菓子を開発するという業務に携わる機会も出てくると思います。そして、自分が考えたお菓子がお店に並び、それがお客さんから人気が出たとしたら、これほど嬉しいことはないと思います。

・専門性が高いので、技術は一生もの
パティシエという仕事は専門性が高いので、1度技術を身につけると一生ものになります。また、技術のほかにセンスも必要とするので、技術+センスが組み合わさることで自分にしかできない仕事となります。そしてそれが自信にもつながってきます。自分の腕1つで、多くの方に幸せを提供することができるのです。

・自分の実力次第では、海外進出も
海外で活躍するパティシエも多くいます。洋菓子のコンクールなどで賞を受賞したりすると、レストランやホテルから声がかかるなんてこともあります。厳しい世界である分、やりがいや可能性が無限大にあるのがパティシエという仕事なのです。

パティシエの給料はどれくらいもらえるの?
どんなところで働くかにもよりますが、パティシエの初任給は平均で15万円ほどです。高くても18万円ほどなので、決して高いとはいえません。パティシエの平均年収は以下のとおりです。

・平均年齢:39.4歳
・平均月収:23万円
・平均年収:311万円
・年間ボーナス:30万円

・男性平均:368万円
・女性平均:243万円

※参考:年収ラボ(平成26年時点)

このように、パティシエの給料はやはり低い傾向にあります。例えば、日本の男性の平均年収は500万円ほどですが、これと比べてもかなり安い給料です。そのため、結婚して家族を養っていくには厳しいと考える方も多くいると思います。また、仕事は非常にハードなのにも関わず、給料が低いとなれば、やめていく人も少なくはないでしょう。中には、成功して自分のお店を構えてたくさん稼いでいる方もいます。ただ、それはほんの一握りだとということを頭の片隅にでも置いておくとよいかもしれません。また、独立するのは非常に優れた技術とスキルが必要になるだけではなく、独立するための十分な資金や店舗経営に関する知識や心構えもなくてはならないということも考えておくとよいでしょう。

このように、仕事内容がハードな上、給料も安いのがパティシエという仕事です。しかし、それでも「パティシエになりたい」と考える方が多いのもパティシエという仕事です。なぜならば、それほど魅力がある仕事だからです。自分がつくったお菓子を食べた誰かが美味しいと喜んでくれる、この感動はほかの仕事にはなかなかないものです。

体力的にも精神的にもハードな仕事ですが、それでも多くの魅力があり、夢がある仕事ともいえます。もしあなたがパティシエになりたいと考えているのであれば、それはとても素敵なことだと思います。ぜひ、一流のパティシエを目指してがんばってください。

今回のまとめ

・パティシエになるためには「製菓専門学校」を卒業するのが1番の近道
・製菓専門学校ではパティシエになるために必要なことを学べたり、海外研修などがある
・新しいお菓子の開発だけでなく、毎日同じお菓子をつくるのも大事な仕事
・パティシエは体力的にも精神的にもハードな仕事
・パティシエの給料は低め
・パティシエとして大きく稼ぐには独立するのがよい
・パティシエは非常に魅力的でやりがいのある仕事

コメント