調理師免許を取得するには?

コラム

飲食店で社員として働いたり、独立して自分のお店を持つには調理師免許が必要だと思っている方が多いと思いますが、実は必要ではありません。しかし、調理師の免許を持っているのとそうでないとでは、差があるだけでなく大きなメリットもあります。

調理師免許を持っていることのメリット

・メリットその1:就職や転職に有利
飲食店で働く上で調理師免許というのは必須ではありません。しかし、免許を持っていると就職や転職が有利になるのは間違いありません。実際に、免許を持っていることを募集条件に出している企業が多くあります。調理師免許を持っていることで、就職、転職先の候補が多くなるのです。

・メリットその2:昇給や昇格に有利
調理師免許は昇給や昇格にも有利になります。入社自体には免許が必要なくとも、昇給や昇格といったキャリアUPするために、免許が必要なところもあります。

このように、飲食業界で働くには調理師免許を持っておいたほうがメリットが大きいです。また、独立して自分のお店を持っている方の多くは、免許を取得した上で下積みをして成功しているケースが多いです。

調理師免許を取得するには

調理師免許を取得すには、2つの方法があります。

・調理師養成施設を卒業する
厚生労働大臣が指定する調理師養成施設(専門学校、大学、専門職大学)を卒業するという方法です。卒業して申請するだけで取得することができます。

・2年以上の実務経験を積む
アルバイトでも社員としてでもよいので、飲食店で2年以上働くことで、試験の受験資格を得ることができ、その試験に合格すれば取得できます。

将来、飲食業界で働きたい、独立して自分のお店を持ちたいと考えているならば、調理師免許は絶対に取得しておいたほうがよいでしょう。冒頭でもお話ししたように、飲食店で働く上で免許は必須ではありませんが、持っておいて決して損にはなりませんし、むしろメリットしかありません。さまざまなところで免許が有利に働くことでしょう。

また、高校卒業後は実務経験を積むためにアルバイトや就職をするのではなく、調理師養成施設を卒業するとよいでしょう。そして養成施設の中でも専門職大学がおススメです。なぜなら専門職大学は、専門学校や大学と違って就職してから即戦力として働けるような育成をするためのカリキュラムが組まれています。もし、あなたが飲食業界で働きたいと考え、かつ調理師免許の所得を考えているのであれば、ぜひ1度、専門職大学について調べてみるとよいと思います。

コメント